むし歯・歯周病・予防歯科|クレールデンタルオフィス(金沢市・歯医者)

076-232-9006

〒920-0858 石川県金沢市木ノ新保町1-1 JR金沢駅ビル 金沢百番街 「あんと 西」4階メディカルフロアー

むし歯

むし歯は国民病と言われる位、一時は多く見られました。私(理事長)は長きに渡り園児から小・中学生の歯科検診に携わってきましたが、昨今ではその人数、むし歯の数も激減してきていることを感じます。

これは、治療技術の進歩により口腔衛生に関する関心が高まってきた結果であろうと思います。

それ由か関心のない患者さまのむし歯は一向に無くならないのも現実です。削って詰めて最後は抜いて…こうならないために飽きもせず指一本と歯一本の大切さは同じであると患者さまに熱く語る日々です。

痛みを抑えた治療

お子様だけでなく、大人の方でも歯科治療の痛みが苦手という患者さまは少なくありません。クレールデンタルオフィスでは、痛みを抑えるために様々な工夫を行っております。

表面麻酔
表面麻酔

本来、痛みを抑えるための麻酔注射ですが、注射針を挿入する際の痛みが苦手という方も多いのではないでしょうか。当院では針による痛みを和らげるために、表面麻酔をご用意しております。歯茎に麻酔薬を塗りしばらく置くと、歯茎表面の感覚が麻痺してきます。それにより、注射針の痛みを感じにくくなりますので、ご希望の方は遠慮なくお声がけください。

電動麻酔
電動麻酔

当院では麻酔注射の際に電動麻酔器を使用しております。機械によって圧力を一定に保ち、ゆっくりと麻酔液を注入できるため、圧力による痛みが少なくなります。また、電動麻酔器には細い針を使用しますので、針による痛みも最小限に抑えられます。

笑気ガス
笑気ガス

歯科治療への不安や恐怖を和らげるため、笑気ガスもご用意しております。身体に害の無い低濃度の笑気ガスを吸入することで、緊張が緩和しリラックスすることができます。

できるだけ歯を削らない治療

クレールデンタルオフィスは、健康な歯を可能な限り傷つけず、歯の寿命を延ばす治療を行っております。

なるべく歯を削らず治療するためには、早期発見が大切になります。患者さまには定期検診をきちんと受診していただくことをお願いしております。

充実した機器や経験豊富なスタッフにより、適切な検査・診断による早期発見を行い、患者さま自身の歯をお守りするための最善の治療を行ってまいります。

当院では自由診療による、歯をなるべく削らない最新のむし歯治療も行っております。

カリソルブ
カリソルブ
©Dental Culture

C1~C2と呼ばれる、初期のむし歯からやや進行している状態のむし歯が対象となります。

専用の薬剤をむし歯に塗布して一定時間待つと、むし歯部分のみがやわらかくなってきます。該当箇所を、きれいに取り除き、通常の詰め物を充填して治療が完了します。

ドックスベストセメント
ドックスベストセメント
©Dental Culture

ドックスベストセメントとは、むし歯菌に対して専用のセメントを使用することで、ミネラルの力でむし歯を殺菌する治療法です。神経に達した部分のむし歯を残したまま、ドックスベストセメントを塗布して、最後に通常の詰め物で蓋をします。むし歯の箇所は残っていても細菌は死んでいるため、しっかりと密閉すればそれ以上大きくなることはありません。

むし歯治療が完了した後は、永く健康的な口腔内を保つために必ず定期検診を受診してください。たとえ新たなむし歯ができたとしても、早期に発見ができれば、治療も軽く済み、歯へのダメージも少なく済みます。

むし歯の検査・治療に用いる器材のご紹介

唾液検査 CAT21 Buf&CAT21 Fast

唾液の状態を調べることでむし歯リスクを予測することができます。

専用のガムを噛んで唾液を採取するだけなので、小さなお子さんでも安心して受けられる検査です。

測定結果はひと目で分かるカラー別となって示されますので、それぞれのお口の状態に合った予防方法を適切にアドバイスいたします。

CAT21 Buf
CAT21 Buf

唾液にはむし歯の原因となる酸を中和し、歯を守る大切な働きがあります。

CAT21 Bufでは唾液の量と酸を中和する力を調べることができます。

唾液の量が少なく酸を中和する力が弱い場合は、むし歯のリスクが高い状態です。

CAT21 Fast
CAT21 Fast

むし歯の原因菌が活発だと、歯の表面にプラークが形成されやすくなるため、唾液が届きにくくなります。

また、原因菌はプラークの中で酸を作り出すため、歯の表面が溶けてしまいます。

CAT21 Fastではむし歯の原因菌の活動具合を調べることができます。

原因菌の活動が活発なほど、むし歯になりやすい状態といえます。

ダイアグノデント
ダイアグノデント

ダイアグノデントは、歯に赤色のレーザーを当て、反射光を読み取って数値化することで、目視やレントゲンでは分かりにくいごく初期のむし歯や、歯のヒビを見つけることができます。早期発見・早期治療に繋がります。

音波と光波の違いはあれ魚群探知機ならぬ、むし歯探知機のようなものです。

細菌計
細菌計

細菌計を使用し、お口の細菌数を簡単に短時間で計測することができます。

口腔内細菌は様々な全身疾患にも関与しているといわれております。抜歯などの外科手術前に口腔衛生環境を評価することもできます。

歯周病

歯周病は痛みを伴わず進行する病気です。放っておくと歯が抜けてしまいます。

ご自宅でのブラッシングやフロスでのケアはもちろん大切ですが、それだけでは歯周病を防ぐことはできません。歯科医院で定期検診を行うことで歯周病が予防できるのです。

クレールデンタルオフィスはJR金沢駅ビル 金沢百番街 あんと西4階メディカルフロアー構内の施設、金沢百番街「あんと 西」の4階にございます。通勤・通学帰りなどにお気軽に通っていただける環境です。

私共の全てのスタッフは歯に悩みを抱えた方々の力になれることを喜びとして頑張っています。

歯周病細菌検査

歯周病の発生要因及び全身疾患等の関係

歯周病は、歯に付着したプラークが歯と歯肉の間に入り込み、細菌が停滞することで生じます。そのままにしておくと歯茎が炎症を起こし、進行が進むと歯を支えている骨まで溶かしてしまいます。

場合によっては、抜歯に至るケースも出てくる怖い病気です。

また歯周病は、口腔内だけでなく、心臓病や糖尿病、また妊婦の方には早産や低体重出産に影響があることも報告されております。重度の歯周病になる前に定期的に検診・バナペリオ検査を受けていただき、早期発見・早期治療を行いましょう。

口腔内に生息している細菌のうち歯周病との関連性が最も高い3菌種(P.g・T.d・T.f)を調べ、より適切な歯周病治療を行っています。

唾液検査の実施

唾液検査の実施

口腔内の細菌の総数を計測し、他の検査と併せて検討し、むし歯、歯周病治療に活かしています。

治療

スケーリング
©Dental Culture
スケーリング

検査結果を元に、治療を行っていきます。

スケーリングは、歯ぐきのあたりの見えるところに付着した歯石を専用の器具で除去する治療です。

歯石は表面がザラザラしており、プラークが付着しやすくなってしまうため、定期的に歯科医院でスケーリングを行うことが歯周病の予防に繋がります。

ルートプレーニング
©Dental Culture
ルートプレーニング

ルートプレーニングは、歯ぐきの下、歯周ポケット内に入り込んで沈着した歯石を取り除きます。歯周病が進行している患者さまに行います。歯周ポケットの深い部分まで、歯石や汚染物質が入り込んでいる場合は、軽い麻酔をしてから除去します。

フラップ手術(FOP)
©Dental Culture
重度の歯周病の方へフラップ手術(FOP)

歯周病が進行してしまった重度の患者さまには、フラップ手術と呼ばれる治療を行う場合があります。フラップ手術は、歯茎を切開し、歯周ポケット内の深くまで入り込んだプラークや歯石を取り除く手術です。

歯周組織再生療法(エムドゲイン、リグロス)
©Dental Culture
歯周組織再生療法(エムドゲイン、リグロス)

本来は避けたい状態ですが、歯周病が進行し、歯を支えていた骨が溶けてしまっている場合は、歯周組織再生療法を施します。歯の寿命を延ばすために、歯周病で溶けた骨や歯根膜などの回復が期待できる治療です。

治療手順

  • 歯肉を切開
  • 歯根面に付着したプラークや歯石を除去
  • 骨が失われた部分に再生薬剤、医療材料を注入
  • 切開した歯肉を縫合

予防歯科

メインテナンス

メインテナンスの必要性

むし歯や歯周病は、治療して終わりではありません。

治療後も継続して健康的な口腔内を保つためには、患者さまがご自宅で行う日常的なケアと同時に、歯科衛生士による定期的なプロフェッショナルケアが重要です。定期検診を行うことで、むし歯や歯周病を予防することができるのです。

患者さまの健康と笑顔を守るため、3ヶ月~6ヶ月に一度、定期検診を受診してください。

治療やメインテナンスで変わるもの…Change your smile!

PMTC
©Dental Culture
PMTC

歯科衛生士が行う歯のプロフェッショナルクリーニングです。

普段の歯磨きではなかなか落ちない汚れや歯垢をきれいにお掃除していきます。

ただ歯の歯垢や汚れをきれいにするだけでなく、歯の表面がツルツルになりますので、

プラークが付着しにくくなり、歯周病予防に効果的です。

フッ素塗布
フッ素塗布
©Dental Culture

クリーニングが終わった後は、歯質を強化するためにフッ素や消毒効果のある薬を塗布します。

フッ素は歯の再石灰化を促すと同時に、むし歯菌に対して歯を強くする効果があります。

ブラッシング指導
ブラッシング指導

定期検診の最後に、ブラッシング指導を行います。

「自分の磨き方は本当に正しい?」、「歯ブラシはどんな物を選んだら良いの?」など、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

お口にあった歯ブラシの選び方や、適切なブラッシング方法を丁寧にお伝えいたします。

プロバイオティクス
プロバイオティクス

ご希望の方には、腸内環境改善による歯周病予防を行います。

人は体内の微生物のバランスが崩れた時に病気になるといわれております。プロバイオティクスは、乳酸菌に代表される善玉菌を摂取することで、体内に住む細菌のバランスを改善し、歯周病予防に繋げるという、スウェーデン生まれの画期的な治療法です。

TOPへ戻る